背徳感のあるエロ漫画

 

背徳感のあるエロ漫画および同人作品をピックアップしました。

 

まずはコレ。なによりもコレ。

エロ漫画というよりショートムービーもついた3DCG集ですが、その圧倒的クオリティも含めて犯罪臭がムンムン。

人妻モノではなく義父と妹のインモラルな関係を描いた作品。善悪で言えば絶対悪。

 

恐いもの見たさと後ろめたさもあり、読んでいるだけで強い背徳感を感じる作品でした。嫌悪感を覚えるひとも多いと思うので、その点は注意が必要。ムービーは少しクオリティが落ちます。

 

この手の作品って、サイトのデータを確認すると海外(韓国、中国、スペインなど)からのアクセスも多いんですよね。

お国によっては制作しただけでアウトのような気がしますし、そもそも技術的にクリエイトするのは簡単ではありません。そして同人なので売れなければ、かけた労力は水の泡(金銭的には)。

 

最初から商業誌だと難しいでしょうね。個人の情熱やこだわりが存分に詰まった作品です(もしかしたら企業のバックアップはあるかもしれませんが)。

 

背徳感の意味を改めて

  • 道徳的ではない
  • 人の道を外れている
  • 後ろめたい行為

 

人には決して言えない性行為がともなう関係となると、浮気や不倫、近親相姦がメインになってきます。この記事では、道徳的に許されない行為をのぞき見するドキドキ感を味わえる作品を紹介しています。

月野定規・魔法の杖

続いてのおすすめは、月野定規の「魔法の杖」

24ページの短編なので別途レビューには起こしていないのでここで概要を。

 

概要

バイブにコンドームをかぶせてオナニーするのを密かな楽しみにしていた普通の主婦が、近所の野暮ったい男に快楽堕ちさせられてしまう様子を描いた作品。

 

弱みを握られて抱かれる体。バイブで広がっているから男の指が3本、やすやすと入る。お互いエロいことをしているのに口調は崩れない。

 

「ダメなトコロをたっぷりすり潰してあげますよ」

 

「イヤだわこんなこと」「こらえなきゃ」「弱みを見せちゃだめ」そう言い聞かせながらも快感で放尿までしてしまう始末。

旦那チンポでは不可能な子宮つぶし。最後は娘がキャッキャとはしゃいでる側で……

 

単品ならFANZAで220円というお手頃価格。『痴女の女』という単行本にもおさめられています。性器の修正が黒線でかなりキワどい。男の尿道まで見えています。

 

【FANZA】

魔法の杖(単品)

 

痴情の女(単行本)

2次元の近親相姦でドキドキ

続いては近親相姦ものを3点。

近親相姦の中でも母子相姦は基本背徳感強めなので、こちらの記事もご参考ください。

ママショタ(義母)3DCG動画

作品名:さくらママと太郎ちゃん

サークル名:DOUJIN3ARIES

こちらはフルムービーの3DCG。義母が精神科医に、息子とのインモラルな関係を告白していくという構図のママショタもの。

雰囲気のあるBGM。イヤミな精神科医。ワガママな太郎ちゃん。困った表情を浮かべるさくらママ。イケナイものをのぞいている緊張感があり、約70分の長丁場ですが最後まで飽きませんでした。

作品詳細(サイト内)

 

【DLsiteのサンプルムービー】

文学の香りがする母子相姦

作品名:ママと

サークル名:ぽんふぁーず

モノローグ(心の声)を一切使わないことで、インモラルな関係に深みを与えている作品。

流される母というよりは、息子をひとり占めしたい彼女が積極的に関係を築いていきます。描きすぎずに感じさせる。説明ではなく描写。そうすることで伝わる母のイケナイ愛。執着心。文学の匂いさえ。

作品詳細(サイト内)

子育て姉と弟の近親相姦

作品名:姉はヤンママ授乳中in実家

サークル名:チンジャオ娘。

同人界で5本の指(3本かも?)に入る人気サークル『チンジャオ娘。』の、姉と弟による近親相姦もの。

作風はそこまで後ろ暗いものではないですけどね。それでも姉弟なので。姉には小さい子供がいるので。どうしたって後ろめたさはにじみ出てしまいます。私にも姉がいるので、想像すると個人的にはちょっとしんどい話でした。

作品詳細(サイト内)

人妻の不貞行為

人妻もので夫とラブラブしているだけの作品って、おそらくこの世に存在しないと思います。だから人妻なだけで全て背徳的なのですが、設定は整っているのに背徳感を出せない作家さんっているんですよね。なぜでしょう?

ヤリチンにナンパされる母

作品名:母喰い ~おっとりお母さんが年下ヤリチンに狙われる時~

サークル名:プルポアゾン

優しい母。かわいい息子。父が仕事で急に来れなくなった家族旅行。ビーチ。

どうしてヤリチンどもは、ささやかなしあわせを満喫する母子を狙ったりするのでしょうか。流されて、でもナンパされてちょっと浮ついてしまったりして、若い男たちに堕とされていく母が悲しい。息子に対する裏切り行為の罪は重い。

作品詳細(サイト内)

日常を生きる妻たち

作品名:人妻でも抱いてみれば

著者名:黒金さつき

最後に紹介するのはこれまでに比べると毒が少ない作品。日常を生きる普通の妻たちの不貞。短編集。

毒は少なめですが、作家さんが女性なのでやっぱり男性がつむぐ作品とは、どことなくただよう雰囲気が違います。ありふれた日常の中の浮気。不倫。決して小さくない後悔や罪悪感。それでも前向きに生きようとする彼女たちの健気な姿が胸にチクリ。

作品詳細(サイト内)

最後に

人には刺激が必要です。

 

ですが強刺激なことばかりを実際に経験するとしんどいので、せめて創作物の中で。