加齢臭に病みつきになる若妻さん『イビツヘンアイ』

 

若妻は無意識下で欲求不満だった。

 

新婚。

なのにセックスレス。

理想と現実とのギャップ。

 

そんな若妻の元に、ある日間違えて雑誌が届けられる。

 

『月刊☆キモおとこ』

 

「そんな…!私が注文したの超かんたん!アイデア収納術なのに」

 

 

表紙にどーんとキモいおじさんが写った雑誌。

若妻はそのおぞましさに拒否反応を示すが、同時におじさんの顔が脳裏から離れなくなってしまう。

 

料理をしているときも、洗濯しているときも、入浴中でもとにかく離れない。それどころか体を触られているシーンを想像して下半身をウズかせてしまう始末。

 

このときの若妻はまだ気づいていなかった。というより認めたくなかった。キモ男という底なし沼に足を踏み入れてしまったことに……

 

この物語は、加齢臭ただようキモいおじさんの強烈な刺激から離れられなくなってしまう人妻の物語。

IRIE・キモ男系エロ漫画

設定価格:2日間330円~
著者名:IRIE

common_content id="16944"]

 

  • 作品形式は白黒の漫画

嫌悪感を抱きつつもキモ男に惹かれていく若妻さんが可愛いエロコメディーです。

 

【FANZA(元DMM)】
イビツヘンアイ

【DLsite】
イビツヘンアイ

 

初回14日間の無料期間があるFANNZA読み放題でも配信されています。
イビツヘンアイ(FANZA読み放題)

 

 

 

「イビツヘンアイ」は単話で配信されていたものが単行本としてまとめられたもの。下記、単話の方がタイトルが魅力的ですね。どうして変えてしまったのでしょう?

単話なら2日間で220円~

【FANZA(単話)】
月刊☆キモおとこ創刊! -加齢臭かおる毎月豪華なエロふろく付き!? 1巻

あらすじ

ある日、若妻の元に雑誌が届く。「月刊☆キモおとこ」というタイトルの雑誌だ。拒否しつつも、表紙を飾るキモ男の顔が彼女の頭から離れなくなり、旦那が寝ている隣でキモ男を思い浮かべてオナニーしてしまう若妻。

 

それでも返品しなくちゃと、ページをめくったら付録が見つかる。キモ男との握手券だ。

 

握手券の内容

  • どこ触ったか分からない手で握手
  • 汗ばんだ手で迎えます
  • 脂ギッシュなテカリをご堪能くださいませ

 

「どこに需要あるのよコレ、やだぁ〜」

 

表面上は嫌悪感を示しつつ、しかしどうしても気になってしまう若妻さん。

間違って届いた雑誌を交換するだけだからと自らに言い聞かせ、握手会会場(出版社)におもむくと……

イヤよイヤよも好きのうち!?

握手会でついに憧れ(?)のキモ男と対面する若妻さん。

 

「月刊☆キモおとこ」の編集長、ハゲ散らかしたメタボのおじさんが目の前に。

 

おじさんは見た目がキモいだけでなく、加齢臭まで発散している。その臭いの強烈さは間違いなく股間の周辺が顕著であろう。ただでさえ蒸れやすい場所に、小便の臭いや性臭が混じれば、大抵の人にとって嫌悪の対象でしかない悪臭を放つことになる。

 

だが。

若妻さんは肩を抱かれただけで感じてしまう。

はしたなく股間を濡らしてしまう。

迫られても拒否できない。

おっぱいが伸びるほどの強さでグミのような突起を吸われ、乳首イキしてしまう!

汚い言葉でののしられてもイってしまう!

豪華付録の数々

ついにキモ男にエグられて中出しされてしまった若妻さん。

その後も思い出すのはキモ男のことばかり。

そんな彼女の元に「キモおとこバスツアーチケット」が届く。

 

「誰が乗るのよこんなものに……」

 

もちろん、若妻さんはウラハラな心のまま乗車。複数人の汚くてキモいおじさんと乱交バスツアーを楽しむことになります。

 

そして「月刊☆キモおとこ」を定期購読することになった彼女の元には、雑誌と共に豪華付録が届くように。

 

付録

  • 加齢臭つき温熱アイマスク
  • 汗だくキモメン配達員
  • 編集長の夜這い

 

骨のずいまで加齢臭に侵食された若妻さん、もはやキモ男から離れられなくなる。

 

最後に

若妻さんの妹(学生)までキモ男沼に沈められたり、メイドコスプレや痴漢プレイなどもあり、飽きずに楽しめると思いますが、展開自体はコメディです。

 

シリアスな作品じゃないとヌケない人は注意が必要です。

 

【FANZA(元DMM)】
イビツヘンアイ

【DLsite】
イビツヘンアイ