人妻たちの背徳行為

 

葛藤や罪悪感で揺れる女心が、旦那以外の男と肌を合わせる心地よさに負けてしまう。『人妻でも抱いてみれば』は、そんな背徳行為を描いた8編からなる短編集。

 

黒金さつき作品のひとつ、妻が他所で抱かれるわけ(サイト内)に比べると、全体的にしっとり、しっぽり度が上がっている感じです。

 

なぜか。

それは妻たちの『流されてにじむ後悔や胸の痛み』が描写された作品がほどよく混ざっているから。

 

特に収録作品のうち、下記3点は余韻の残る終わり方をします。

 

  • 長い付き合いだったから
  • 離婚したての同僚宅で
  • うちにはやく帰ったら

 

女性作家がつむぐ等身大の人妻たち。

彼女たちはビールをゴクゴク飲むし、誰もが振り返るような美人ではないけれど、平凡な日常を生きながら、旦那以外との性行為に身をゆだねてしまいます。

 

セックスの後はちょっとだらしなかったりするけれど、実際に人妻を抱いてみれば、こんな感じなのかもしれません。そんなリアリティ。

黒金さつき・快感に負ける人妻たちの背徳行為

設定価格:FANZAで2日間330円~
著者名:黒金さつき(TTSY)

※セールやクーポン、ポイントの有無によって購入価格が変わってきます。売り場でご確認ください。

 

  • 作品形式は白黒の漫画

 

【FANZA(元DMM)】
人妻でも抱いてみれば

【DLsite】
人妻でも抱いてみれば

 

乳首やクリを責める描写も多く、男性だけでなく、女性もエッチな気分になれる作品。女性作家なので女性の快感にも寄り添っているのでしょうか。

長い付き合いだったから

上記で挙げたうちの冒頭を飾る一編『長い付き合いだったから』。揺れる女心を丹念に描いた女性視点。

 

「私昔から…嶋さんはよかったんだよ?」と、専門学校時代の同級生に抱かれる郁美さんの年齢は30半ば。

 

ストーリー

息子の参観日の前日に飲みに出る郁美。男友達の嶋さんとサシで飲むことは、快く送り出してくれた旦那には内緒だ。

郁美は嶋さんのことを昔からいいと思っていた。しかし結婚前。若かった頃。嶋さんのアパートに泊まって郁美の方から迫ったけど断られた過去がある。

そんな彼と今でも友達をやっている不思議。でもまだちょっと、未練のような淡い恋心がくすぶっている。

 

「1回も私に手ぇ出してこなかったの嶋さんじゃんねぇ」

 

 

嶋さんが手を出してこなかった理由は明らかなにされないが、彼がもっと勇気を出していれば、彼女の未来だって変わったのかもしれない。そんな小さな痛みがふたりの間には存在する。

 

なのに今日。

楽しく飲んでサヨナラの時間。郁美は息子の参観日を翌日に控えているから、早い上がりのつもりだったのに。

 

今まで1回も手を出してこなかった嶋さんが、駅の改札で急に郁美を抱きしめてくる。よりによってなんで今なの?

 

それでも揺れてしまった女心。ふたりは飲み直すことになり、居酒屋の個室で人目を盗むように……

 

「セックスしたら友達じゃなくなるのかな」

その他の2点

上で挙げた『離婚したての同僚宅で』『うちにはやく帰ったら』の2点もチクリとした痛みがともないます。

 

離婚したての同僚宅では、離婚したばかりで元旦那とまだ一緒に住んでいる状態。元サヤに戻れないだろうか、という未練があるのに、男友達に抱かれることでそのチャンスを失ってしまう。

それでもひとりにはなりたくなくて……

 

うちにはやく帰ったらは、母子家庭の離婚妻、藍がヒロイン。

バイトで息子が不在の時間。昔なじみのおっさんに家でネチネチと抱かれる藍。こんなおっさんの誘惑に負けてしまう悲しさ。ひとり身の女の弱さ。

 

ところが、シフト変更でバイトがなくなった息子が家に帰ってきてしまう。

そのことに途中で気づく藍だが、走り出した欲望に歯止めはきかなくて……

注意点

TTSY名義で活動している同人作品『妻が不在のママ友付き合い+毎年夏はお義父さんとヤってるから』がおさめられています。

重複購入にご注意ください。

 

性器処理は同人作品よりコチラの単行本の方がキワどいですけどね。

最後に

女性作家なので、男性作家が考えるような女性像とはちょっと雰囲気が異なる人妻さんたち。

気立てがよくて、清楚で清潔で貞淑で、といった理想の女性というより、実際こんな感じだろうなと思えるようなキャラ設定です。

 

そのリアリティや生々しさに共感できるかどうかで評価が分かれそう。唾液などの体液や匂い表現が散りばめられていて、男からするとフェラチオがとっても気持ちよさそうです。

 

【FANZA(元DMM)】
人妻でも抱いてみれば

【DLsite】
人妻でも抱いてみれば

 

その他、黒金さつき作品(サイト内)