混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話

 

海のようにたおやかな包容力が下心を優しく包み込む。混浴温泉で少年の前に現れたのは、肉と脂肪がたっぷりつまった乳房をタオルで隠したお姉さん(35才くらい?)だった。

 

ネットで噂の混浴温泉。

 

友達に誘われたケイタくんは、電車賃と入浴料に2、000円もの大金をはたいてその瞬間を待ちわびていた。

そう。

女性が温泉に入ってくる瞬間だ。

 

しかし。

 

いつまでたっても女の人は現れない。

一緒にきた友達はのぼせて先に上がってしまった。

 

ケイタくんもいい加減しんどくなってくる。

僕も上がろうかな。

 

そんなふうに思い始めた時、

スーパーラッキーがいきなり目の前に姿を現す。

 

 

「となりいいかしら?」

 

お姉さんの後ろでまとめられた髪。

そのうなじが、

タオルからはみ出たふくよかな乳房が、

あまりに色っぽい美人と至近距離で入浴だ。

 

あきらめたらそこで試合終了。

 

少年は根気という言葉の意味を人生で初めて身をもって理解したのかもしれない。

 

だってこの後、

この世のモノとは思えない快感に全身を震わせることになるのだから……

 

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話・概要

設定価格:770円
サークル名:ひぐま屋

 

※クーポンやセール、各人が所有するポイントなどによって購入価格が変わってきます。

 

【FANZA(元DMM)】
混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話

【DLsite】
混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話

 

ジャンルはコミック。

 

お姉さんの挑発

チャプ。

 

お姉さんは湯の中でケイタくんのとなりに座る。

念願の女体に彼の胸の鼓動は高鳴りっぱなし。

 

チラチラ落ち着かないケイタくんの視線に気づいたお姉さん。

それまでの優しいまん丸な目に妖しさが宿る。

 

ここなんですよ。
絵がキレイなだけじゃなくて、この気持ちがひるがえる瞬間の描写にゾクゾクするんですよ。

そしてそのまま、

 

「ねえボク、ここ初めて? 女の人の裸が見たかったの?」挑発開始です。

 

大きすぎるふくらみ

ドギマギするケイタくんに接近し、

自らタオルを脱ぎさり、

大きすぎて重みで垂れてきちゃうという大きな乳房をケイタくんの目の前で揺らす。

 

「触ってみる?」

 

ケイタくん、一瞬にして頭に血が上る。

自分の頭くらい大きな乳房に顔を押しつけながらお姉さんを押し倒しちゃう。

 

その勢いにお姉さんもちょっとびっくり。

 

お姉さんの年齢は?

お姉さんは自分のことを「おばさん」と呼びます。

ケイタくんは「お姉さん」と呼びます。

 

肉のつき具合、

うなじの色っぽさ、

余裕な態度と包容力は場数を踏んだ証か。

 

輪乳もなかなか大きく広がっている。

 

作中ではっきりと明言はしていませんが30代中盤くらいでしょうか。

 

にじみ出る母性感からして、もしかしたら人妻かもしれません。

 

そう思うとなぜか、

彼女にどことなーく暗いカゲが漂い始めます。

 

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話・定番の授乳体勢

ケイタくんの背後から抱きついて腕を前に回し、

乳房を背中にムニュリと押しつけた状態での手コキ。

そこから流れるような動きで授乳体勢に変わり手コキ継続。

 

そして大量の白濁とともにショタ精通。

 

射精感は量と勢いに比例しますからね。ケイタくんとっても気持ち良さそうです。

 

赤ちゃんにおっぱいをあげるような体勢はひぐま屋お決まりのシーンですが、

これがないと落ち着きません(笑)

 

火が着いたお互いの欲求は加速していく。

 

露天に移動してがむしゃらバック。

もげそうに揺れる乳房の重みを感じながらケイタくん童貞喪失。

 

お姉さんのお尻にいっぱい濃厚なのをかけて、

お掃除フェラしてもらって、

 

躍動感あふれるパイズリ。

柔らかいモノに激しくこすられる快感。

 

抱き合っての対面座位からがっつくような中出し正常位。

 

いっぱい射精できて良かったね、ケイタくん♪

 

【FANZA(元DMM)】
混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話

【DLsite】
混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい射精させてもらう話

 

最後に

ひぐま屋作品を一作でも読んだことがあって、

それで満足できた過去があるのなら、

 

安心してください。

高いレベルのクオリティをしっかり保っています。

 

ラストは前向きな別れですが、

続きを読みたい気持ちにさせてくれます。

 

それでも輝ける少年時代の最終段階にあるケイタくんの特別すぎる1日は、

ここで幕を閉じたままの方がいいのかもしれません。