映画やドラマで原作モノが積極的に創られるように、アダルト界でも同人作品が実写化されるケースが増えています。
ヒット作を採用すれば最初からお客さんに興味を持ってもらえるという側面もあるでしょうが、なによりヒットするということは、原作が相応の魅力をそなえていることの証明に他なりません。

 

というか、特筆すべきは女優の希島あいりさん。どこからどう見ても美人さんでした。知ってました?

希島あいり

原作:佐々木夏美の子宮が堕ちた日

サークル:Iris art(アイリスアート)

 

欲求不満を募らせた人妻さんが、快く思っていない義理の叔父に堕とされてしまう話。心と体のウラハラな反応がエロ可愛い。叔父は叔父で身勝手ながらひょうひょうとしていて、なんとなく愛着が湧いてきます。

 

めっちゃ美人

希島あいりさんは、少しめくれぎみの上クチビルにあるホクロが色っぽい女優さん。実写化作品を見たところけっこうスレンダーで、乳房とお尻のサイズは控えめ。

 

1988年生まれ(2021年に33歳)。

 

原作のヒロイン『佐々木夏美』のイメージと比べると、『希島あいり』さんの方が優しくて声もかわいい。良くも悪くも原作のカリカリした強気ヒロイン感がちょっと出ていないですかね。

 

鼻筋が通っていてアゴのラインがシャープで、お顔は整っています。美人さんです。顔の左側から撮った横顔は特にキレイに見える気がします。

 

初エッチシーンはオナニーシーンから。初カラミはベッドの上で、叔父にタートルネックを背後からたくしあげられて。淡いブルーのブラとパンティを露出させられて手マンへ。

乳首はクリクリされている感じの印象だと硬めの質感で、ハードグミのよう。刺激がなくなるとしぼんでしまうような、ヤワな乳首ではありません。

 

高じてくると腰が大きく跳ねて、つるんと、おちんちん抜けちゃうシーンもしばしば。しかしその瞬間が唐突で、グッときます。普通の男性なら抜けるときの摩擦で瞬殺必至でしょうが、すずしい顔をしている男優さんはさすがプロ。

 

バックなどおちんちんが抜けにくい体位では、腰が跳ねそうになっても抑えられてしまうので、うねうねしながら連続イキで痙攣。腹筋がキュッと強張る感じがシコい。

 

私はアダルト動画をあまり見ないし、見るとしてもシロウトものばかりなのでAV女優界のことはよく分かりませんが、

今のAV女優さんってこんなに美人なの??

 

いやいや、そんなはずはない。そう思ってアラ探しをしましたが、やっぱりどうしても美人。

当サイトを希島あいりファンサイトに塗り替えてしまいそうなくらいの美人でしたが、もう1度言います。スレンダーなのでムチムチ感は期待できません。

そして仕方ないですが演技力は、う~ん…

 

【FANZA(実写作品)】
マドンナ専属 希島あいり初熟れコミ!! 原作・Iris art 佐々木夏美の子宮が堕ちた日

向井藍

原作:15分の残業

サークル:こくだかや

 

夫が失業してコンビニパートを始めた妻。お金に困ってシフトを増やそうと店長に相談すると、コンビニ仕事ではない15分の特別な残業を提案される。心では旦那を想っていても、ゆっくりじっとりイジられて、ふしだらなカラダは堕とされていく。お金に負ける人妻さんのエロティシズム。

 

唾液の分泌量が多い

向井藍さんは、左目の下にある泣きぼくろが印象的な女優さん。先の希島あいりさんと比べてムチムチ感出ています。波打つ柔らかそうな乳房と、少し伸びてしまった乳首。そして色が濃くなった輪乳も人妻感。ただし、それほど巨乳ではありません。

 

夫を想いながらも焦らされて焦らされて堕ちていく展開ですので、最初は乳首舐めから、そしてクンニ、やがてフェラへと次第に発展していきます。

 

向井さんは唾液の分泌量が多いです。この状態のお口にふくまれたら、おちんちんが口の中を泳ぐ感じか。唾液も温かいんでしょうね。

 

調べてみたところAV男優のしみけんさんから『ヨダレの魔術師』と異名をさずかったようです。

 

クンニシーンはわりと長めかな?

じっとり責めるのが好きな人には良好。初挿入では息を詰まらせ、体を震わせる。バックのさいの小刻みに波打つ乳房も柔らかそう。

 

クチビルが薄く、ややタレ目なお顔。夫のために体を張る薄幸な人妻さんを好演しています(とはいえAV女優さんの域を超えた演技力ではありませんが)。

 

1993年生まれ(2021年に28歳)。

ご本人には失礼かもしれませんが、もう少し年上に見えました。役どころですかね。

 

【FANZA(実写作品)】
人妻の熟れた肉体を気づかぬうちに快楽堕ちへと誘う無自覚NTRの名作!!

三浦歩美

原作:あこがれの叔母を寝取る

サークル:ミルフ書房

 

すっかりチャラくなかった甥っ子(おいっこ)のワナに堕ちていく叔母のムチムチな体を、ミルフ書房が表現した傑作。数あるサークルさんの中でも画力は有数。

 

叔母感出ています

いいですね。

熟女感、叔母感出ている女優さんです。化粧も濃いです。

でも。

男優さんがおっさんなんですよね(失礼)

 

原作では女性にモテモテの男性が叔母に執着する設定なので、ちょっとイメージは違います。男優さんにも若いイケメンいますよね?

ちょっとミスキャストかなぁと思わないでもないですが、あんまりイケメンだと感情移入しにくいので実際のところ妥当かも。

 

しかし演技は、特にナレーションが棒読みで……(まあいいか)

 

プリ尻と、手の平に吸い付くような柔らかい乳房はビジュアル的に優れています。バックから突かれているときの波打つお尻が素敵。

 

原作と比較すればムチムチ感は足りないですが、生身の女性に再現性を期待するのは酷かもしれません。

 

1982年生まれ(2021年に39歳)。

 

【FANZA(実写作品)】

マドンナ専属 若い男の欲望に晒された人妻の痴態を淫らに実写化!!

その他

他にもけっこう実写化された作品ってあるんですが、原作がよかった作品をピックアップ。

篠田ゆう

原作:というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。

サークル:フリーハンド魂

 

母子相姦の名作。ひとり暮らしを始め、身の回りの世話にきてくれる母さんに女を感じるようになったダメ息子と母さんのイチャラブストーリー。母さんの恥じらいが可愛い。

 

 

【FANZA(実写作品)】
ど〜してもこのカラダとヤリたい!! というわけで、全裸で母さんにお願いしてみた。 篠田ゆう

一色桃子

原作:母食い

サークル:プルポアゾン

 

息子のことを大切に大切に思っている優しい母が、ヤリチン大学生たちに狙われ、母としての体が女のそれに戻されてしまうストーリー。息子への背徳感が絶妙です。

 

 

【FANZA(実写作品)】

2019年を代表する人妻NTR最高峰の人気同人作品をマドンナで実写化!!

妃ひかり

原作:寝取られた人妻と寝取られる人妻

サークル名:あらくれ

 

あらくれ作品は実写化多いですが、コチラの作品は女優さんの体があまりに柔らかそうで。特別美人ではないですが、下半身をムズムズさせる色気をまき散らしています。柔らかい乳房に包まれるパイズリがうらやましい。。

 

 

【FANZA(実写作品)】
マドンナ専属・妃ひかり 初熟れコミ!!殿堂入りNTR作品「人妻とNTR町内旅行」の続編を忠実に実写化!!

卯水咲流

原作:母さんの女穴つかわせて

サークル名:黒猫スミス

 

弱いクセに酒が大好きな母親を睡眠姦する話です。基本、寝ている設定。なので動画的には女優さんの激しい反応がないため、好き嫌いは別れそう。原作は性器が黒線で、しかも透けているのでエグいです(今後規制に変化がなければ)。

 

 

【FANZA(実写作品)】
淫猥な昏●SEXの極み!!同人作家・黒猫スミス原作母さんの女穴つかわせて

最後に

自分で同人作品を制作してヒットすれば、AVメーカーから声がかかるかもしれません。女優さんのキャスティングを要望できたり、撮影現場を見学できたりするんですかね?

 

他にも実写化された作品はあるのですが、ちょっと長くなりすぎてしまうのでまた別の機会に。