『温泉姉妹と野球部員~三日三晩の接待合宿~』byチンジャオ娘

 

経営が傾きかけた温泉旅館。出ていった母親。「経営を立て直せばお母さんはきっと帰ってきてくれる!」健気に働く姉妹のまっすぐで切実な想いはしかし、野球部員のマグマのようにほとばしる欲望のえじきとなるだけだった。

 

野球部がリピーターになってくれれば、経営難の旅館としてはありがたい。

そこで姉妹のお父さん、奥の手に打って出る。

 

それは美人姉妹の混浴接待。

 

一緒に入浴するだけでオサワリなし。

 

大勢の野球部員にじっとり視姦されるのをどうにかやり過ごせばいい。

それでリピーターになってくれるなら。

 

しかし……

 

 

別途料金なるものを、

姉妹の父はいつの間にか受け取っていた。

 

温泉姉妹と野球部員・概要

設定価格:880円
サークル名:チンジャオ娘。(制作・べんぞう

 

※割引セールやクーポンの有無で価格が変わってくるので各売り場を比較してみてください。

 

【FANZA(元DMM)同人】
温泉姉妹と野球部員〜三日三晩の接待合宿〜

【DLsite】
温泉姉妹と野球部員〜三日三晩の接待合宿〜

 

ジャンルはCG。数年前のヒット作です。

 

ストーリー

別途料金を払ったという監督が温泉に入ってきて、警戒する姉妹の間に入って肩を抱き、タオルをはぎとって、大勢の野球部員たちによる汗と汁にまみれた肉弾戦のゴングが鳴る。

 

姉の名は由紀。肩までのショートカットで気が強い。

妹の名は咲。ツインテールでちょっと押しに弱いところがある。

 

彼らの荒れ狂う欲望を拒めなかったのは、どうしても旅館を建て直したい一心。お母さんに帰ってきて欲しい。そんな一途な想いごと姉妹の身体はケダモノたちに踏みにじられてしまう。

 

腕をおさえられ、張りのある乳房を揉まれ、ピンクの乳首を強く吸われる。

そして腰をつかまれ、たけり狂った男根を根元まで呑み込む。ふたりになす術はない。

 

由紀と咲は温泉内で、隣同士で犯される。

 

注意点

とはいえ、悲壮感あふれる地獄絵図という雰囲気ではありません。

 

絵のタッチがそう感じさせるというよりは、

憶測ですがおそらく制作者側が意図したものではないかと。

サークルとしてのイメージや方向性ですね。

 

笑えるか笑えないかで言えば笑えませんがコメディタッチな雰囲気もあり、

それだけにガッチガチのレイプものを望む人には物足りない内容です。

 

魅力

イラストレーター『べんぞう』が描く女の子はやはり可憐。絶世の美女というよりクラスで2番目に可愛い女の子という雰囲気。

 

爆乳や巨尻など、極端なデフォルメが苦手な人にはフィットするでしょう。

 

そんな等身大の女の子が、体力と精力の頂点にあるような青臭い野球部員にガンガン白濁を流し込まれてしまう。

 

監督のキモおやじによるマッサージでイカされるシーンや、

ジャージと制服を汚されるシーンもあり、

 

ヌキどころは過不足なくそろっています。

 

イヤなのに感じちゃう。しかもお互いが見ている中で犯されてしまう。そんな恥辱感も垂涎ものです。

 

【FANZA(元DMM)同人】
温泉姉妹と野球部員〜三日三晩の接待合宿〜

【DLsite】
温泉姉妹と野球部員〜三日三晩の接待合宿〜

 

最後に

姉妹が野球部員の熱いマグマをその華奢な身体に受け入れるのは、建て直した旅館に母親が帰ってくることを期待しているからでしたね。

 

やむを得ない事情というのはエロティシズムを増幅させる装置としてはたらきますが、ストーリー的にも結末が気になるところです。

 

果たして健気な姉妹の元に母親は帰ってくるのでしょうか?

 

ああ、そうなっちゃうのか。。