エロ漫画のヒワイに描かれた男性器を見て興奮するのは、性的マイノリティだからではありません。

自己投影をするからです。

 

「そのチンポおれ!」

 

巨根に自らのモノを重ね合わせる。あるいは巨根自体になりきる。そんな感覚を得られるのもエロ漫画ならでは。

 

  • カッチカチに怒張したイチモツにやわらかな舌が這う
  • 唾液を含んだそれが尿道の先をはじく
  • そして段差にねっとり絡みついてくる

 

浮き出した血管。張り出したカリ。固いモノとやわらかいモノの胸おどる融合。フェラチオ。

 

しかも昨日は旦那のモノを舐めていたのかもしれない舌先から、背徳感が伝わってきそうな人妻フェラ。その描写がねっとり濃密な作品をランキング形式でまとめました。

おすすめフェラチオ描写ランキング

エロ漫画のフェラシーンは男根の曲線に合わせてきっちりモザイクを決めるか、男根自体が黒線や白線で修正されています。

そのため(無修正以外の)AVと違って女性の舌や唇が描写され、生々しさが強くなります。中にはフェラ中の口内を描写するという飛び道具も。

 

しかしたいていの作品はフェラシーンにあまり多くのコマをついやさないよう。長くても数ページ。この記事では男根のヒワイさを重視した上で、フェラシーンのページ数をカウントしています。

 

【JKものでフェラがねっとりだったのはコチラ】

1位:インテリ女の忘れられない恋

作品名:ステイホーム不倫

著者名:鉛棒なよなよ

 

26ページの短編なのでお手頃価格。不倫もの。

 

おしっこの後を不倫相手に拭かせたり、そのときのトイレットペーパーが女性器に貼り付いてしまったりと、全体的に描写が生々しい。

こういった発想をする作者の男性器はたいていヒワイです。

 

太い血管が浮いて筋張った男根はデフォルメされることなくリアルより。

 

  • フェラシーンは約2ページ
  • 性器処理は透けた黒線
  • タマ吸い
  • 裏筋舐め
  • ゴックンなし

 

作品詳細(サイト内)

 

ステイホーム不倫をFANZAで確認

2位:欲情したらところかまわず

作品名:近所のビッチな清楚妻

著者名:葵ヒトリ

人妻の熟したカラダの描写に定評がある作者による作品。下記の中編2本と短編がおさめられています。

 

『近所の清楚なビッチ妻』

『義母なしくずし』

 

1位の作品と比べると、男性器の立体感がやや劣ります。なぜなら性器の処理が黒線でカリが隠れてしまっているんですよね。

 

以下、おさめられた2編のフェラ概要です。

☆近所の清楚なビッチ妻

妻に逃げられ、定年を待つばかりの冴えない男。彼が近所に住む憧れの人妻の弱みをにぎり、エリート旦那から寝取る話。

しかしその話には裏があり……

 

  • フェラシーン合計9ページほど
  • 性器処理は黒線
  • 裏筋舐め
  • サオ舐め
  • ゴックンあり

☆義母なしくずし

娘の旦那が絶倫すぎて娘に無茶をしてしまうため、義母が代わりに性処理をしてあげる。そして、なしくずしでズブズブの関係に……

娘婿の男性器が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまうお義母さんがかわいい。

 

  • フェラシーン合計7ページほど
  • 性器処理は黒線
  • 裏筋舐め
  • 顔射

 

作品詳細(サイト内)

 

近所の清楚なビッチ妻をFANZAで確認

3位:舌先で尿道チロチロ

作品名:あこがれの叔母を寝取る

サークル名:ミルフ書房

コチラは商業誌ではなく同人誌。実写化もされたサークルミルフ書房の人気作。

肉感あふれるフルカラーのムチムチ人妻ボディが悩ましい。

おどして大好きな叔母を寝取るという、展開自体はタイトルそのままです。

 

しかし塗りの上手さもあり、頬のすぼまり具合や表情で、吸っている感を巧みに表現。フェラシーンには力が入っています。ただ性器の処理がモザイクのなので少々減点。

同人だと商業誌より審査が厳しく、不可抗力な部分はありますが。

 

  • フェラシーン合計19ページほど
  • 性器処理はモザイク
  • ピンクに色づいた叔母の唇がなまめかしい
  • 舌先チロチロ尿道舐め
  • 亀頭舐め
  • 69フェラ
  • ゴックンはしていなさそう?

 

作品詳細(サイト内)

 

あこがれの叔母を寝取るをFANZAで確認

 

4位:濃厚性器描写

作品名:母さんとセックスに溺れる

著者名:gonza

4編の中編集。

タイトルからするとすべて母子相姦のような印象を受けますが、義母も、血縁関係にない熟女もふくまれます。

人妻というより熟女系。

 

『真夜中の母』

『AVママ』

『熟女が大好きなんです』

『マッチングアプリ』

 

作者は陰毛描写に定評がある作家さん。ですが陰毛のみならず性器、特に女性器がヒワイ。

 

つまり。

緻密に描写されたフサフサな陰毛が男女性器をヒワイに引き立ててくれるわけです。

 

読んでいるだけで匂ってきそうな汁や汗の描写も多く、相乗効果でフェラシーンはなかなかのモノ。

ただ、実母による母子相姦が作品にふくまれるため好みが分かれるでしょう。

全体的にかなりな濃厚描写。

 

以下、おさめられ4編のフェラ概要です。

☆真夜中の母

小さいころにできた新しいお母さん。密かに義母を想っている青年だったが、彼女のオナニーを浴室のガラス越しに目撃してから気持ちがおさえられなくなり……

 

  • フェラシーンは4ページほど
  • ノドの奥まで男性器が達する断面図あり
  • ゴックンはなし

☆AVママ

AV女優をしている母親と息子の母子相姦。自分のAVをみてオナニーしている息子を心配した母親が女優仲間に悩みを打ち明ける。すると彼女たちは教育役を買って出るが……3Pで母子相姦でハーレム筆下ろし。

 

  • フェラシーン合計2ページほど
  • 性器の処理は白線
  • ぱいずりフェラ
  • 3Pフェラ
  • フェラにはそこまで力が入っていません

☆熟女が好きなんです

親とケンカをした男子学生が、バイト先の古書店に家出する。その店の主はひとり身熟女。彼女に憧れていた男子学生と陥没乳首の熟女は熱い夜を過ごすことに……縛りあり。

 

  • フェラシーンは3ページほど
  • 女性が縛られた状態での69フェラ
  • 尿道レロレロ
  • 口内発射
  • ゴックンはなし

☆マッチングアプリ

熟女好き童貞学生がマッチングアプリで知り合った女性で童貞を捨て、濃厚な性接触を重ねる。女性はガチマゾで覆面をしていたが、あとで実は母親だったということが判明する。母子相姦。

 

  • フェラシーン合計9ページほど
  • フェラ中口内のアップがエグい
  • 69フェラ
  • 青筋レロレロ
  • 射精後吸引

 

ちょっと構成に分かりにくいところがありますが、4編の中では一番いやらしいフェラでした。

 

作品詳細(サイト内)

 

母さんとセックスに溺れるをFANZAで確認

5位:女性作家によるリアリティある不倫話

作品名:人妻でも抱いてみれば

著者名:黒金さつき

女性作家が描く短編集。

派手な展開はありませんが、いかにも日常的あり得そうな不倫模様がつづられています。

 

女性作家だからでしょうか。

ディテールが細かく、ツバで男性器を湿らせてヌチヌチやったりと液体表現も豊富。

女性が描いているんだと思うとフェラシーンも妙に生々しく感じたりして……

 

ただフェラシーンはあくまで前戯的な位置づけでしょうか。

 

  • フェラでの射精シーンがあるのは2編
  • 性器の修正は透けた黒線

 

作品詳細(サイト内)

 

人妻でも抱いてみればをFANZAで確認

最後に

人類で初めてフェラチオをした女性は、絶世の美女とうたわれるクレオパトラ7世だという俗説も。

 

真偽のほどは誰にもわかりませんが、紀元1~7世紀ころの南米からはフェラチオをする人物の土器が発見されているそう。

2000年も前から人物は刺激に対して貪欲だったようです。まあ、当然ですね。フェラチオは人類最大の発明なのですから……