NTRとBSSにはハッキリとした違いがあります。それは、主人公(男)とヒロインとの間に肉体関係があるかどうか。

 

  • NTR=寝取り・寝取られ(俺だけの心と体だったのに!)
  • BSS=僕が先に好きだったのに(先に誰かにヤラれてしまった!)

 

たとえばカラミざかり(サイト内)という大ヒット同人作品をジャンル分けすると、元々はNTRのくくりに入っていたのですが、「ヤっていないのに寝取られ?」という矛盾が生じていました。

 

カラミざかりに限らず、そういう状況におちいる作品は多いため、NTRから派生するかたちでBSSというジャンルが生まれることになります。

 

NTRは寝取り寝取られの総称で、範囲が広すぎるため、人によって解釈が異なります。浮気モノもこれに含まれたりします。NTRって言っておけばいいんだろ?みたいな作品も多いので注意が必要です。

 

その点BSSはコンセプトが明快。

BSSの特徴

  • 主人公の男は主に童貞キャラ
  • 恋心を寄せる女性がいるけど付き合ってはいない
  • あるいは付き合い始めでまだヤっていない
  • そんな状況でわりと軽い感じで他の男にヤラれてしまう

 

多感な時代を生きる主人公(男)にある日突然、牙をむく青春。とても非情な展開なので、BSSの心的ダメージは絶大。一生モノのトラウマを植え付けてしまうような、青春時代を暗黒に染め上げるシチュエーションです。

 

昔のしんどい恋が心に残っている人にはフィットしやすいと思います。あるいは現在進行形でむくわれない恋に苦しんでいる人。好きで好きでたまらなかったのに抱けなかった女を、男はなかなか忘れることができませんからね。

 

当サイトは基本、人妻系サイトなので、青春系であるBSS作品にはあまり巡り会えないのですが、先に触れたカラミざかりも含めて下記のような作品があげられます。

 

いずれにしても激しいジェラシーや喪失感がともなう作風になるので、合わない人には絶対に合いません。危険物です。胸クソです。

青春が痛すぎるBSSの至宝

サークル名:桂あいり

作品名:カラミざかり

カラミざかり、同人作品はいくら稼げるのか。広告がうざいと叩かれる大ヒット作の感想と皮算用

4人の高校生による青春が痛すぎるBSSの大ヒット同人。3巻で完結していますが、至高。というよりBSS界の至宝。しかし1巻がほぼ完璧なので2巻以降の失速感は否めません。悪くはないんですけどね。

広告がウザいと叩かれてもいますが、BSS属性の人なら4人の性接触が始まるまえにギッチギチにふくれ上がることでしょう。なぜか。理由は、等身大の日常が描かれているから。

 

男の子のほんのり恋心も、後に軽い感じでヤラれてしまう女の子との距離感も、最初は何気ない青春のひとコマでしかありません。地獄への入口は静かに始まります。こんな導入の仕方ずるい……

人妻ではありませんが、この作品だけは外せません。

作品詳細(サイト内)

憧れていた離婚妻が軽薄な友達に

サークル名:JACK-POT

作品名:蚊帳の外

なかなか貴重な人妻モノです。正確には離婚妻。ガキの頃から憧れていたアヤ姉が夫と別れ、地元に帰ってくる。主人公のトシは高嶺の花だからと遠巻きに眺めているだけだったが、トシの猿みたいな友達が果敢にアタックする。おまえには無理だと決め付けていたが……
憧れは憧れのままでいてほしかったという健気な男心をグッチャグチャに打ち砕くBSS。

作品詳細(サイト内)

女教師と生徒の危ない関係

サークル名:あらくれ

作品名:人妻教師NTR修学旅行

BSS要素を含んだNTR。修学旅行中に生徒と関係を持ってしまう人妻女教師の話です。彼女に恋心を抱く内気な少年がそばにいるのに、優しい女教師が不良っぽい少年にヤラれてしまう展開。やがて同じ部屋にいる全員と……
内気な少年はイジメられているほどではありませんが、クラスメイトに歯向かうことはできません。布団を頭までかぶりながら、こっそり様子をうかがい、自分の順番が回ってくるのをじっと待っています。
続いてはNTRについて。

NTRの特徴

先に述べたようにNTRは寝取り・寝取られの総称なので、どのようなシチュエーションをNTRとするのか人によって見解が分かれます。

ですが。

当記事では、『BSSと同様に男の激しい嫉妬や喪失感がともなうもの』と定義します。

 

好きで好きで好きでたまらない女が他の男に抱かれることに著しい興奮を覚えてしまうという、脳に変な回路が生じちゃってる人(私です)に向けた作風です。

 

スワッピング願望の有無を考えるとイメージしやすいかもしれません。

私なんかは20代の頃にスワッピングができなかった後悔をひきずりながら生きています。来世では若いうちに絶対スワッピングしたいと思っています。

 

大好きな女が他の男に抱かれてよがっている隣で、泣きながらセックス。つらくて悲しくて仕方がないのに、一晩中ガッチガチな状態になることでしょう。まあ、紛れもなく変態ですね。一種の。

 

変態じゃないと胸を張れる人は下記の記事の方がいいかもしれません。

 

そろそろまとめます。私のNTRレーダーが反応した作品の中でも絶対に外せないのが、賛否両論の問題作『ネトラセラレ』

愛している妻を他の男の手にゆだねる

著者名:色白好

作品名:ネトラセラレ

結婚2年目の夫婦。かわいくて、魅力的な奥さん。なのに夜の営みが上手くいかない。それは旦那が、他の男に抱かれる妻にしか興奮できないから……

この作品を推してくるサイトは多いと思いますが、NTRの定番中の定番です。

愛しているんですよ。旦那は妻を。

なのに他の男に抱かせたいというジレンマ。愛がないとNTRは成立しません。

 

旦那がそんな性癖を持ってしまったのは、学生時代のエピソードが強く関係していそう。嫉妬しすぎると変な回路が発生してしまう場合があるので、嫉妬深い人は要注意です。

 

単品でも販売されていますが、FANZAブックス読み放題の無料トライアル期間を利用して読むこともできます。

 

しかし寝取り寝取られ作品は世の中、山ほどありますが、この記事で定義したNTRだけにしぼると、なかなか決定的な作品に巡り会えないのが現状です。私のレーダー的には。

 

そんな中で意外(?)と反応したのが下記の『セックスしないと死ぬ病』

純白ウエディングドレスをNTR

サークル名:セックスしないと死ぬ病

作品名:水無月三日

セックスしないと死ぬ病

少子化が進んだ未来、謎の奇病、セックスしないと死ぬ病。発病したら近くにいる女性は相手をしなくてはならないと法で定められている。非モテが発病しやすい。

 

発病したら強制セックス権が発動するショートストーリー集です。そもそもNTRを主眼とした作品ではないのですが、こういった設定ものだからこそ可能な本作に、至高のNTRが紛れ込んでいました。

 

それは。

純白ウエディングドレスの花嫁を旦那の前でNTR!

 

人生最良の日に、結婚式場で、キモ男にヤラれてしまう美しい花嫁。ワキ舐めや、乳房にうっすら走る毛細血管などディテールが細かく、美しいものが汚されていく様子が生々しく描かれています。

下記の2作品も男がしんどい思いをします。

元ヤン妻だってNTR

サークル名:Wの本能

作品名:イキ癖をつけられた元ヤン妻

借金を背負った旦那のせいで「寝取られビジネス」なるものに身を堕としていく元ヤン妻。家で、旦那が見ている前で、不特定多数の客にヤラれる妻だったが、彼女にやたら執着する男が現れて……

正義のヒーローだってNTR

サークル名:Iris art

作品名:カウント100 聞かされ続けた敵と妻の子作りボイス

正義のヒーローヒロインであるふたりが、悪の組織につかまってしまい、旦那が監禁される。そんな彼に妻が犯される声を聞かせ続ける。妻は快感に堕ちていく。
設定はちょっと飛んでいますが、夫がめっちゃ苦しむ純然たるNTRです。

最後に

繰り返しになりますが、NTRもBSSも激しい嫉妬や喪失感がともなう作風です。

つまり相手への愛がないと成立しない性癖。

苦しい片思いならBSS、すでにパートナーがいるならNTRの方がフィットするでしょう。

 

どちらにせよNTR属性ではない人が読むとしんどい思いをするかもしれません。いや、属性が読んでもしんどいんですけどね。でもそれがいいわけで。変態ですから。