カラミざかり、同人作品はいくら稼げるのか。広告がうざいと叩かれる大ヒット作の感想と皮算用
FANZA同人(元DMM同人)から2018年10月に発売された「カラミざかり」。広告がうざいと叩かれてもいますが、実写化され、未だに売れ続けている人気作です。

 

そして問題作でもあります。人によって評価は別れるでしょう。かなりハッキリと。

なぜ評価が別れるのか。

それはNTRだからです。

NTRは秀作であればあるほど批判もあふれます。

 

NTRとは定義があいまいな部分もありますが、主に寝取られた側の心情にうったえかけてくる作風。厳密に言うと主役の2人に体の関係があるわけではないので寝取られてはいませんが、方向性は同じです。

 

(NTRではなくBSS=「僕が先に好きだったのに」とも言います)

 

とある夏の日。

友だちの部屋。

ただの日常。

そのはずだったのに。

 

ちょっと内気な少年が恋心を抱く黒髪清楚系の女の子。彼女が、目の前で軽薄な友だちにノリと勢いでヤラれてしまう……

 

そんな残酷なストーリー。しかも多感な年頃の少年少女。痛すぎる青春。一生消えないきず。

 

ひたすら無力だったあの頃の自分に重ねるとしんどい。ああ、しんどい。

カラミざかり・概要

設定価格:770円
サークル名:桂あいり(サイト内)
FANZA同人ほか、ほとんどのオンライン書店で販売されています。2020年11月13日に第3巻が発売され完結しました。

※セールやクーポン、ポイントの有無によって購入価格が変わってきます。売り場でご確認ください。

 

【FANZA(元DMM)】
カラミざかり
 

作品形式はマンガ。

FANZA同人では白黒で、設定価格が770円。

他のオンライン書店ではカラー化もされていますが、おそらくどこでも880円。

まんが王国(公式サイト)なんかだとカラーで800ポイント(ポイント購入に消費税がかかるので実質880円ですかね)。

 

※密かにエロが充実。動画配信サービス『U-NEXT』でも配信中。初めての利用なら31日間の無料トライアルを利用してお得に読めます。

カラミざかり(U-NEXT)

 

【カラミざかり2巻と3巻の詳細】

ちょっとお金のお話を

いきなり余談ですが軽くお金の計算をしてみます。

カラミざかりのダウンロード数が現時点(2020/03/09)で135、129本。

同人作品なので、FANZAに販売手数料を引かれた金額が出品サークル(個人または複数人)に支払われます。

 

本作の定価が770円。今回は20%引きの616円で購入しました。

○○%OFFというセールは不定期に行われるので、計算しやすく平均販売価格を700円としましょう。

そうすると700円から販売手数料の300円を引かれた400円が(1本あたりの)サークルの取り分になります。

 

つまり、

 

400円×135、129本=54、051、600円

 

5千万円オーバー!
『カラミざかり』は2巻も出ていて、そちらの販売価格は1、430円。950円がサークルの取り分。(セールなしと仮定して)9万8千本売れているので、

 

9千万円オーバー!

 

すごいですね、2本合わせて1億5千万円に迫る勢いです。

 

同人なので出版社を介しません。編集者を入れず、ストーリーも作画もひとりでこなした場合、売上のすべてをひとり占め。(因みに価格はサークルが決定できます)

小説家なら1000円の単行本で印税10%として、150万部売らなくてはならない額です。まさに大ベストセラーですね。

 

いえ――

今ではどこのオンライン書店でも販売されていて、しかも売れているのでいくら稼いだのかもはや見当もつきません……

ストーリー

主人公の山岸高成はまじめ系の男子。山岸は飯田里帆という、やはりまじめ系の女子に片思いしている。山岸には貴史というエロくて軽い友人がいて、里帆にも智乃という、やはりちょっと軽い女の子の友人がいる。

おそらく4人とも童貞&処女。

ネタバレになるので簡単にしか書きませんが、4人が吉野の家に遊びにいき、エッチな展開になり、なし崩しで乱交のような状態になってしまう。そして山岸が好きな里帆は目の前で友人に……

 

うざいと評判の広告ですが、広告会社によっては若気の至り、性的好奇心、みたいなニュアンスで訴求しようとしており、全然分かってないなーと鼻白むばかりです。あえてそうしている可能性もありますが。

 

確かに性的好奇心は地獄へのトリガーにはなりますが、

 

カラミざかりはあくまでも若さ暴走による極上のNTRです!

 

カラミざかりの革新性

カラミざかり、同人作品はいくら稼げるのか。広告がうざいと叩かれる大ヒット作の感想と皮算用

異論はあるかもしれませんが革新的な作品だと思っています。

 

決してアイデアに優れているわけではありません。

ですが、

 

男性が描く男性向けの作品ってプロセス多少おざなりでも極力早く肉々しいシーンに持っていくのがセオリーなんですけど、

カラミざかりはセオリーを踏襲しつつも、

プロセスがしっかり描かれている。

心の機微が描かれている。

 

これ、実はけっこう難しいんです。

 

こんなに売れるんだったらプロセスしっかり描けばいいんだろ?

と思っても意識したってできるものではありません。

原稿料をもらっているプロなら編集者からストップがかかる可能性もあります。

 

「もっと早くセックスに持ち込んで!」と。

 

僕の憶測の部分もありますが、同人ではなく、最初から編集者がついていたら大ヒット作は生まれなかった。かもしれません。

青春モノが描けるエロ作家なんて、正直ちょっと思い当たらない。

 

セックスに至る前までのクオリティが特にすばらしい。

注意点

ここまで述べてきたように、カラミざかりはNTR属性ではない人が読むと場合によってはトラウマレベルでキツいと思います。それに飯田里帆が意思表示をほとんどしません。

山岸高成のことをどう思っているのか定かにならない。そのことにイライラしてしまう人もいるかもしれません。しかしこれはパート②から③で完結するまで一貫しているので、むしろ潔く、彼女の心情は完全に読者にゆだねられます。

 

2020年11月に第3巻が発売されて完結しました。→パート②&③の詳細

 

カラミざかり(U-NEXT)

 

 

Googleでも配信されているのでポイントの有無などによってはお得かもしれません。

因みにFANZA同人は誰でも参加できる

プラットフォーム側の審査(モザイクなど)はありますが、基本誰でもFANZA同人に出品できます。

10年以上前にAV市場を逆転した同人市場。オタクのもの、とひとくくりにしてしまうのは、あまりにもったいないその熱量。

コミックだけでなく、ボイスコンテンツやCG集なども出品できるのでネタがあればチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

実写は原則不可ですが、それ以外ならアイデアひとつで何でもありです。登録費も年会費もかかりません。つまりノーリスク。年齢も性別も、顔の美醜も、出身地も出身校も国籍も一切関係ありません。

 

もちろん簡単には売れませんが。

最後に

FANZA同人募集ページ(サイト外)

 

続編も売れていますから、ハマっている人が多数いるのは確かです。

大金を生み出した作品ですからそれ相応の魅力があるのは間違いないでしょう。

 

インターネットのおかげで与えられる側から、与える側へ以前よりずっと簡単にシフトできる時代。カラミざかりを読んでスッキリしたら、一発大ヒットを狙ってみませんか?

 

【FANZA】
カラミざかり